ファイナンシャルプランナー(FP)もタイプは様々?

こんにちは。
May’s + 海野です。

 

先日からかんぽ生命の不利益契約が
大変な問題となっていますね。

 

顧客に寄り添いサポートするという
本来の姿から、時に逸脱してしまう…。

 

改めてファイナンシャルプランナー(以下FP)の
役割とは何なのか?

考えてみようと思います。

 

あなたが思っているFPとはどんな人?

 

あなたはFPってどんな人だと思っていますか?

家計の相談にのってくれる人?
保険加入を勧める(売る)人?
投資を勧めてくる人?

 

……はい、全て間違いではないです。
特に、保険加入に関わる人とか
家計診断をする人、という意見が
多いかもしれませんね。

 

ただ、FPは独占業務ではないので
資格がなくても名乗ることはできてしまいます。

 

誤解のないように補足しますが
ファイナンシャルプランナーは無資格でも名乗れます。
ファイナンシャルプランニング技能士
無資格で名乗ることはできません。
(何だかわかりにくいですよね…)

*独占業務というのは、法で定められた資格を
 所有せずに携わると違法となる業務です。
 (医師・弁護士・税理士・社会保険労務士など)

 

細かな話をしますと、保険に関しては
実際に保険契約ができるのは
”保険募集人”資格が必要です。

たとえ、FP資格を持っていても
保険募集人でなければ保険契約はできません。

 

ということで、もう少しFPについて
わかりやすく説明をしていこうと思います。

 

一口にFPと言っても専門は人それぞれ

 

ファイナンシャルプランニング技能士は
国家資格で3級〜1級まであります。

 

また、それとは別に『日本FP協会』で
認定しているCFP・AFPという
民間資格もあります。

 

それぞれの資格取得方法は
ここでは詳しく触れませんが
学習内容としては大きく分けて
6つのカテゴリーとなっています。

・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理(保険分野)
・金融資産運用
・タックスプランニング(税分野)
・不動産
・相続・事業承継

 

これら全てが資格試験で出題されますので
合格するためには全てを学習する
必要があります。

 

そして、先ほど触れた
CFP・AFP認定資格は
2年毎の更新制となっていますが
継続教育で必要単位を取得しなければ
資格を更新することはできません。

 

ですので、国家資格と認定資格の両方を
取得しているFPは生きた知識と情報を
継続して積み重ねていることになります。

 

とは言っても、資格取得後の
実際の業務では、やはり専門性はあります。

 

保険関係の仕事ならリスク管理。
証券販売や投資関連の仕事なら金融資産運用。
住宅関連の仕事なら不動産。

といった具合です。

要するに『強み』ですね。

 

そして、FPとして活動している方は
企業系FP独立系FPに分かれます。

 

企業系FPというのは、その名の通り
どこかの企業に所属している方。

独立系FPというのは、企業に属さず
独立してFP事業を行なっている方です。

 

冒頭のかんぽ生命に限らず
企業に属しながらFPとして活動していくには
少なからず企業側が売りたい商品や
力を注ぎたい商品に影響を受けることもあるようです。

 

場合によって、顧客の希望に沿っていないと
わかっていても…です。

 

また保険等の契約手数料で収入を得ている
FPも多勢いらっしゃいますね。

それが良いとか悪いとかの話ではないです。

 

ただ時として自社の収益を優先して
顧客本位のサポートからズレてしまう…
そんな話もよく耳にします。

 

改めて、FPの役割って何でしょう?

 

さて、FPについて
非常に大雑把に説明しましたが
何となくでもご理解いただけたでしょうか?

 

まとめとして私なりの考えを
お伝えしますね。

 

FPにも専門性がある…。
そんなお話をしました。

 

私はこのブログでもお伝えしているように
シニア・プレシニア層の皆さんに
自分らしく前向きなセカンドライフを
過ごしていただくための活動をしています。

先ほどの6つのカテゴリーで言うと
ライフプランニングと資金計画
当てはまるでしょうか。

 

そのライフプランニングの中でも
リタイアメントプランニングという
分野になりますが、
その性質上、保険に関しても
資産運用・不動産・相続に関しても
知識や情報を欠くことはできませんよね。

 

いや、簡単に言ってますが
これ…結構キツいんですよ(笑)

なので、日々是精進なのです!

 

そして私自身が考えるFPというのは
ナビゲーターだと思っています。

 

最終的にどうするのか決めるのは
ドライバーであるあなたご自身です。

 

自分が持っている知識や経験、情報などを
提供してアドバイスしたり
方向性を示すことはできても
FPが決定を下しては
いけませんよね?

 

そんな事、当たり前の事ですよね。
人様の人生の進め方を決められる
権限なんてあって良い訳ないんですから。

 

私はどこの企業にも属さない
独立系FPに入ります。

 

何のしがらみも強要もなく
あなたが目指す目的地に向かうための
良きナビゲーターでいること。

それが私の目指すFP像です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガ 老後の不安解消術!

\\メルマガ読者 限定特典付き//

無料メルマガで終活スタート!
FP視点の終活アドバイザーが
ナビゲート!