ライフプラン、定期的なケアのススメ

こんにちは。
May’s + 海野です。

先日、約半年ぶりに美容院に
行きました(笑)

女性としてそれはどうなの?
という疑問もありますが…

まぁ、そこはちょっと横に
置いておきます…(汗)

そこでの美容師さんとの会話の中で
ふと思った事をお話ししたいと思います。

基本的に何事も”放置”はNGです

さて、半年ぶりの美容院。

美容師さんと色々な会話が
ありました。

せっかくなので、最近感じている
髪の悩みなども相談してきました。

私「シャンプーのたびに抜け毛が酷くて…
そのうちハゲちゃうと困るなぁ」

美「まだまだ全然大丈夫ですよ
むしろ、多い方じゃないかな」

良かった…結構真剣に悩んでました。
ここはホッと一安心。

私「最近髪の毛の引っかかりが気になって」

美「そうですね。確かに引っかかりますね。
でも、ケアしない期間が長くなると
毛先がどんどん細くなるので
どうしても引っかかってしまうんです」

!!!
そうか、言われてみれば確かにそうかも。
現に、カットした後は引っかかりも
なくなりました。

こんな会話が繰り広げられた後、
ふと思った訳です。

この話、ライフプランも一緒だよな…って。

そうです。
以前の記事にも書きましたね。
「エンディングノートは一回書いて終わりではない」と。

May's +
終活の第一歩はエンディングノートから
https://mays-plus.com/2019/03/24/endingnote_20190324.html
 こんにちは。May's + 海野です。今日はエンディングノートのお話です。終活の第一歩はエンディングノートを作る事からだと考えています。そうですね…ご自身がこれまで生きてきたことの棚卸しだと考えるのはどうでしょうか?その棚卸しをすることで、現在...

エンディングノートは、これまでの人生の
棚卸しであると同時にこれからの
ライフプラン作りのきっかけにも
なるものです。

仮に、60歳でエンディングノートを作り、
これからのセカンドライフを
どう過ごしていきたいかを
ノートに記載したとしましょう。

あるいは、知り合いのFPに相談して
希望するセカンドライフを送るための
提案書を作ってもらったとします。

その後のセカンドライフ、
何の変化もなく、当初の予定通りという事は
ほとんど無いと思いませんか?

平均寿命から考えれば
残りの人生、20年は超えることになります。

その間、生活環境やご家族の変化、
ご自身の資産の変化、
身体や気持ちの変化…きっとあるでしょう。

それなのに、過去に作った
プランニングはそのまま放置ですか?

それは、もはや何の意味も
無いものになってしまわないでしょうか。

人生に変化はつきもの。その都度ケアが大切。

今から20年前。
あなたは何をしていたでしょうか?

私の場合は、ちょうど長男が小学校入学の
時期でした。

その当時、今の自分を想像できていたか?
いえいえ、全く想定外の人生を送っています。

そうです。
一口に20年と言いますが、その間には
良いことも悪いことも、たくさんありました。
あなたもそうではないですか?

例えの一つとして
子供は高校までは公立の学校に通わせると
考えていたとします。

ところが、高校受験でのアクシデントで
私立の学校に通うことになりました。

ここで、予定していた学費が
大きく変化します。
イコール、その後の生活費や
貯蓄予定額も変わってきますね。

この例えは、比較的大きな変化ですが
生きていれば、大なり小なり変化は
つきものです。

髪のケアをするように、
身体のケアをするように、
ご自身のライフプランも
変化に応じて見直しが大切です。

何事も「放置」していても
良い方向には向かないと、
私は思います。

「様子をみる」という事と
「ほったらかしておく」事とは違います。

ぜひ、ご自身のセカンドライフも
定期的にケアしてあげてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガ 老後の不安解消術!

\\メルマガ読者 限定特典付き//

無料メルマガで終活スタート!
FP視点の終活アドバイザーが
ナビゲート!